【どこでも階シアター】点々の階『点転』ストリーミング 70分(視聴期間:2021年3/20~5/31)
new
603dc1b1c19c456aa4604a85 603dc1b1c19c456aa4604a85 603dc1b1c19c456aa4604a85 603dc1b1c19c456aa4604a85 603dc1b1c19c456aa4604a85 603dc1b1c19c456aa4604a85 603dc1b1c19c456aa4604a85 603dc1b1c19c456aa4604a85 603dc1b1c19c456aa4604a85

販売期間
2021/03/02 00:00 〜 2021/05/31 23:59

【どこでも階シアター】点々の階『点転』ストリーミング 70分(視聴期間:2021年3/20~5/31)

¥3,000 税込

※こちらはダウンロード商品です

2021_5_31tenten_osaka.pdf

345KB

PDFファイルをダウンロードし、 記載されているパスワードを確認してください。 ↓こちらのurlにアクセスして、パスワードを入力してご視聴ください。 配信期間中は何度でも視聴可能です。 ※3月20日より配信開始です。 https://vimeo.com/518431384 ** 2021年3月1日 space krallion 点々の階公演映像 初演は関西Best Act2017上半期作品部門2位 ※約70分です。 葬儀の後、火葬を待っている間の1時間強の物語。 「点転」という盤上競技の名人で協会の長だった人物の葬儀に、 故人の古い知人の小説家に参列者が次々と本を返しにくる。 故人から生前借りて小説家に返すように頼まれていたという。 混乱している小説家は、さらに、過去に自分が書いた小説と 「点転」との意外な関係について知らされ、ショックを受ける。 故人は何を考えていたのか…。 <盤の大きさに規定がない>点転という競技、<ピンポイントな読者>にしか意味のない小説を巡る、 勝つこと負けること始まること終わらせること希望と絶望とその先の物語。 ***** 脚本・演出:久野那美 CAST 七井悠(劇団飛び道具) 佐々木峻一(努力クラブ) 三田村啓示 新免わこ 大西智子(あなざーわーくす) 田村千明三段(関西棋院)※声の出演 STAFF 舞台監督:中西隆雄 / 照明:葛西健一 /  音響:合田加代(結音) / 美術:竹腰かなこ /  演出助手:湊游(劇的☆爽怪人間) 田宮ヨシノリ 桜田燐(劇団白色) 制作:竹内桃子(匿名劇壇) 若旦那家康(コトリ会議)/  大阪公演当日運営:三坂恵美(合同会社Booster) ブックカバーイラスト:大谷菜々 スチール写真撮影:beni taeko 宣伝美術:小泉しゅん(Awesome Balance) 撮影・編集:竹崎博人(flat box) 主催:階 企画・制作:点々の階 助成:芸術文化振興基金・大阪市助成事業(大阪公演) 後援:関西棋院