hot
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

販売期間
2023/03/29 00:00 〜 2024/07/31 23:59

【どこでも階シアター】匣の階『パノラマビールの夜』2018ストリーミング 60分

1,900円

※こちらはダウンロード商品です

2023_08_15panoramabeer.pdf

648KB

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー1件
PDFファイルをダウンロードし、 記載されているパスワードを確認してください。 ↓こちらのurlにアクセスして、パスワードを入力してご視聴ください。 ※1か月間何度でも視聴可能です。 https://vimeo.com/849821955/ ** 2018年1月 神戸アートビレッジセンター 匣の階公演映像 第5回OMS戯曲賞佳作入選 関西Best Act2018上半期作品部門1位 ******** 舞台は山頂の展望台にある寂れたビヤガーデン。 その日の真夜中過ぎに、ある星が壊れてなくなってしまうのだという。 それを見に集まってきた天文学研究会のメンバーとたまたま通りかかった旅人、ビヤガーデンの女店主が寒空 にビールを飲みながら語り合う。 各々の記憶の中にある各々の「壊れた町」が交差する。 それは混じり合うことなくそのまま各々の方向へ消えていく。 「何ひとつ共有できないもの同士も、一瞬だけ、一点で交差することはできるのではないか。」 そんなことを思うかもしれない冬の一夜の物語。 ************************************** 「遠く離れた二つの町がありました。 互いの町を行き来する手段は何もありませんでした。 いつの頃からだったでしょうか。 互いの町がちゃんと遠くにあることを忘れないでいるために、 二つの町は夜になると小さく灯かりを点すようになりました。 夜になるとどちらの町も新しい灯かりを点し、遠くの灯かりを眺めるのでした。 ふたつの町はとても大きく、明るくなりました。 町には闇がなくなりました。 いつしか二つの町は遠くの町のことを思い出さなくなりました。 自分の町を十分に自分の灯かりで照らせるようになったのです。 あるとき…… 困ったことが、起きました。 一つの町が壊れてしまったのです。 町は闇の中に沈み込んでしまいました。 壊れた町は狼狽えました。 誰かが、ふと遠くを見ました。遠くに灯かりが見えました。 いったい何の灯かりなのか。誰も、覚えていませんでした。 分からなくても灯かりが見えました。覚えていなくても灯かりが見えました。 それはとても懐かしくて、親しい灯かりのような気がしました。 遠くの町は遠くにあるものですから、何も知りませんでした。 壊れていない町はいつものように暮らしていました。 毎日夜になると新しい灯かりを点して自分の町を包んでいました。 もう、寂しいとは思いませんでした。 どちらの町も、もう、寂しいとは思いませんでした。 ***** 脚本・演出:久野那美 出演: 人形・展望台の女:大西智子(あなざーわーくす) 旅人:七井悠(劇団飛び道具) 天文学研究会: 会長Q:チェサン P:中村彩乃(安住の地/劇団飛び道具) R:藤谷以優 L:練間沙 舞台監督:中西隆雄/ 照明:葛西健一 / 音響:合田加代 /演出助手:プリン松・吉村篤生(劇の虫)/ 舞台監督助手:小林佳太郎 / 美術:竹腰かなこ / 制作:若旦那家康

セール中のアイテム